子どものワキガ対策クリームランキング

ワキガ手術はいつから受けられる?子どものワキガ手術の狙い目時期は?

子どものワキガ対策クリームランキング

 

子どもの将来的なワキガ対策として、手術という方法は、誰でも考えると思います。

 

 

私自身、子どもの頃はデオドラントクリームなどで処理をしていたものの、

 

やっぱりもっと根本的な対策を取りたいとずっと思っていました。

 

 

それは、どんなシーンでも、

 

いつでも、もっと身軽に活き活きとした生活がしたかったから

 

やっぱりもっと自信を持って恋愛をしたくなった、ということがあります。

 

 

 

あのワキガの臭いから解放されたくて、

 

私は高校2年生の頃にワキガの手術を受けたのですが

 

手術を受けたことは200%やって良かったと思えるので

 

将来的には子どもたちにもワキガの手術を受けさせてあげたいなと思っています。

 

 

 

でも、ワキガの手術っていつでも(何歳でも)受けられるものではありません。

 

 

 

正確に言うと、

 

何歳でも受けることは可能なのですが、再発の可能性が高くなるので

 

受けても意味がないのです。

 

 

 

やはり、ネットで色々と調べていても、

 

ワキガの手術をしたあと、また再発してしまった!

 

という口コミもとても多いです。

 

 

 

その、再発してしまった!と嘆いている方たちのほとんどが

 

「手術を受ける年齢が早すぎた」

 

ということをおっしゃっています。

 

 

 

なので、私の子どもたちにも将来的に手術を受けさせたいのですが

 

受けさせる年齢の見極めはかなり必要だな、と思っています。

 

 

 

私の場合は、前述したとおり高校2年生のときにワキガ手術を受けましたが、

 

日常生活で臭いが気になるほどの再発はありませんでした。

 

 

 

でも、残念ながら、かなり汗をかくと臭ってしまうんです。

 

なので、完治したとは言い切れず、少し再発してしまった、

 

というのが正しいような状況です。

 

 

 

アポクリン腺が完全に発達するであろう20歳を目安にして

 

それ以降の手術であれば、相当腕の悪いお医者さんでない限り再発はしないと思いますが、

 

20歳まで、ワキガ対策用クリームと格闘するのはなかなか辛いものがありますよね。

 

 

 

なので、私の経験からいくと、

 

多少の再発はあるけれども、

 

大学に入る前の、高校受験が終わったあとあたり

 

が一番狙い目な気がします。

 

 

 

ここは本当に悩みどころなので、

 

将来は息子と娘、それぞれと話し合って決めることになるかなーと思います。