子どものワキガ対策クリームランキング

中学生の息子がワキガでも学校でいじめにあっていないその理由

子どものワキガ対策クリームランキング

 

うちの長男は今中学2年生。

 

多感な時期で、基本的に親と距離を取りたがる年頃ですね^^;

 

 

うちの息子はそれでもまだ素直な方かとは思いますが

 

やっぱり昔みたいに口はきいてくれなくなり、振り返ってみると

 

あんなにママママだった時期は、本当に一瞬で過ぎてしまうものなのだ。。

 

と思います。(苦笑)

 

 

 

 

 

そんな息子は、中学1年生(昨年)に、ワキガが発症しました。

 

 

 

中学生って、もう彼氏彼女がいる子たちも沢山いて、

 

相当見た目を気にする時期なので

 

ワキガというのは学校生活を送るにも、相当厄介なもので、

 

下手すると大きないじめに発展しかねません。

 

 

 

 

幸い、うちの息子は毎日学校に行ってくれて

 

毎日みっちり部活動もやって帰ってきて

 

充実した生活を送れてるみたいなので、

 

ワキガでいじめられているような様子は無く、胸をなでおろしています。

 

 

 

 

でも、ワキガ対策を何もしなかったら、どうなっていたでしょう…

 

 

 

 

私自身が子どもの頃にワキガだったので気持ちがわかるのですが、

 

きっと何するにも自信がなくなって消極的になってしまったり

 

部活動や友達付き合いなど色んなことに積極的に取り組めなかったかもしれません。

 

 

 

 

そこで、我が家が今どんなワキガ対策を息子に行っているか、

 

簡単にまとめてみました。
 

 

1、ワキガの臭い対策にはノアンデクリームを塗り、
学校へは念のためラポマインクリームを持参

 

これが我が家の定番スタイル(小学6年生の娘も)。

 

 

無添加なのに効き目も感じられるワキガ対策用クリームで、腋臭対策をしています。

 

 

塗っているのは基本的に、お風呂上りと朝学校へ行く前の2回、ノアンデを塗り、
 
心配なときは学校でラポマインを塗ってもらってます。
 

 

 

 

 

2、洋服に臭いがついて、臭さを爆発させないためのヌーラビオスプレー

 

これは私が息子や娘たちにしてあげていることなのですが、

 

その日着ていく洋服に、朝ヌーラビオをスプレーしておいています。

 

これで、ワキガの臭いが洋服について、

 

あの強烈に不快な臭いがする、ということは避けられています。

 

 

 

 

 

3、パン食少な目ご飯の和食中心の食事

 

欧米にワキガが多いのは食生活から、ということはよく知られていますね。

 

特に赤身の牛肉や、脂質の多いもの、油もの(特に酸化したもの)は、

 

ワキガの臭いの原因になります。

 

 

なので、我が家ではご飯をいっぱい食べさせ和食が中心。

 

そして、お肉が好きな子どもたちのために、かなりの頻度で鶏肉を使ってます!

 

お肉はお肉なので、子ども達も文句言わずに食べますよ^^

 

 

あとは、揚げ物も少な目。

 

唐揚げはよくやりますが、基本的にその日のうちに全部食べて

 

冷蔵庫・冷凍庫での保管はしてません。

 

 

チーズやヨーグルトなどの乳製品も臭いの原因になるので、

 

やっぱりパンとかピザとかを食べる回数は極力少なくしています。

 

 

 

 

4、息子がいつでも相談できるような環境をつくっておいてあげる

 

とはいえ、学校生活は私からは見えない部分が多く、

 

息子が本当に学校でうまくやっているか、

 

周りの人たちにコソコソ言われたり、バカにされたりしていないか、

 

すっごく心配なんです。(私もワキガだったから。)

 

 

 

でも、この「お母さん超心配してるからね!」といった態度を出してしまうと

 

息子には余計に嫌がられるし、意識させ過ぎてしまってプレッシャーを与えてしまう

 

と思ったので、色々口出しするのは辞めました。

 

 

 

たまに、

 

「今日も部活動やってきたのに、全然臭くないね」

 

とか、サラッと前向きな言葉をかけてあげています。

 

 

 

これなら、さりげなく臭いの話が出来ますし、

 

息子も本当に困ったら、私に相談してきてくれるかな、と感じているので

 

息子を信じて、任せるようにしています^^