子どものワキガ対策クリームランキング

子どもがワキガになったときに一番心配なのはいじめのこと

子どものワキガ対策クリームランキング

 

 

 

ワキガって、普通の病気(ワキガを病気とは思っていませんが)と違って、

 

自分だけでなく周りの人にも不快な思いをさせてしまうところが辛いですよね。

 

 

 

特にその症状が「不快でな強い臭い」であるがために

 

いじめの対象になりやすいかもしれません。

 

 

 

 

だから、ワキガな子どもを持つお母さんやママたちは

 

学校で子どもがいじめられないかどうか、が本当に大きな関心事

 

になるのではないでしょうか?

 

 

 

 

そんな悩みを抱えているお母さんのためにと、

 

少し私の子ども時代のことをお伝えしようと思います^^

 

 

 

 

私は小学校5年生の頃にワキガになりました。

 

 

その後、高校2年生のときに手術でワキガを治したので

 

それまでの6年間は、ワキガとの戦いでした。

 

 

 

 

そんな私でしたが、

 

子どもの頃、ワキガでいじめられた記憶はないのです。

 

 

 

 

 

もしかしたら、いじめとまでいかなくても、

 

どこかでひそひそ言われたり、

 

嫌な顔されたりは、あったかもしれません。

 

 

でもどうして私がいじめにあわなかったのかな、

 

と振り返って考えてみたとき、

 

 

それには2つ理由があったからな気がします。

 

 

理由1:母からの指摘があって、早々に臭さに気が付きデオドラント対策をしていた

 

理由2:仲良くなった友達が「良い友達」ばかりだった

 

 

 

まず理由の1つ目ですが、

 

ワキガなほど臭くても、不思議と自分ではその臭いが全くわからないのですよね。

 

 

 

最初に私に指摘をしてのが母でした。

 

 

 

それから、色んなデオドラント商品を買ってくれ(もう20年以上前の話ですが)

 

沢山試して、それで「効いた!臭わない!」という感想も、母がくれました。

 

 

 

だから、自分に合っていて比較的効き目のあるデオドラントクリームに

 

早い段階で出会うことができたんです。

 

 

それでもまだ20年前は、そんなに優秀なクリームはなかったので

 

休み時間の度に、トイレに駆け込み塗りなおしてました。

 

 

 

 

 

そしてもう1つの友達についてですが、

 

私は自分の体臭が気が付かれるのではないかと気になりすぎて

 

良くも悪くも?

 

誰とでも仲良くなって遊ぼう!

 

というような積極的な友達付き合いはしませんでした。

 

 

 

だからといってくら〜い顔をしていたわけでもなく、普通にしていました(笑)。

 

 

ただ、ただ、自分の体臭が気になるから、

 

「自分のことを悪く言わなそうな、良さそうな友達」

 

を選んで付き合ってたんですね(笑)

 

 

 

その友達付き合いの仕方は、今思えば正解だったと思います。

 

 

誰とでも仲良くする必要なんてないし、

 

無理に目立とうとする必要もないし、

 

普通にしていればいい

 

んですよね。

 

 

 

そんな感じで、体臭のことで悩みつつも

 

いじめられずに学校生活を送ることができました^^

 

 

少し参考になれば嬉しいです!

 

 

 

 

とはいえ私も、息子と娘のワキガによるいじめが起きるんじゃないか、大丈夫かな、

 

と、心配して心配して、心配しています(笑)。